スキンケアでシミ対策

女性

老人性色素斑を予防・改善

紫外線を浴びると肌にできやすいのが茶色いシミです。紫外線ダメージが原因のシミのことを、「老人性色素斑」といいます。老人性色素斑は紫外線を浴びないように日焼け止めを塗ることで防止できます。しかし、何年も前にうっかり素肌のまま日に当たってしまったことがきっかけで、表皮に浮きでてくることもあります。どんなに素肌がキレイな人でも「シミ予備軍」を抱えているものです。老人性色素斑ができてしまったら、シミを消す働きがある美白成分配合の化粧水を使うのがお勧めです。市販されている化粧水で美白効果が高い成分が、ビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体は、シミの予防はもちろん、できてしまったシミの改善にも効果がある美白成分です。紫外線を浴びると、メラノサイトというメラニン色素を作る細胞が生まれます。そしてチロシナーゼという酵素と結合すると、老人性色素斑ができます。ビタミンc誘導体配合の化粧水には、このチロシナーゼの働きを抑制する働きがあります。さらに表皮に沈着したメラニン色素を分解し、排出するスピードを早めます。このように、ビタミンc誘導体はシミに大変効果が高い美白成分です。できてしまった老人性色素斑はもちろん、そばかす、肝斑、ニキビ跡の黒ずみや赤みにも効果があります。効果があるといってもビタミンc誘導体は医薬品ではないので、副作用は皆無です。毎日朝と夜の肌のお手入れに安心して使えるのも、ビタミンc誘導体配合化粧水の魅力です。